12月 11 2019

海外不動産の相続について

日本とアメリカで課税の流れが全然違うのを知っていますか?

日本では相続が発生したときに相続人が受け継いだ財産額に基づいて相続税を納めます。

しかし、アメリカでは亡くなった被相続人に遺産税が課税されます。そして、税を納めた後に分割されます。

ここ最近経済のグローバル化などにより、海外の銀行口座を持っていたり、海外不動産を持っている日本人が増えてきています。

増えてくると問題になるのは相続が発生したときの対応です。

相続税が発生したときの計算などもかなり大変です。

そんなときに役に立つ海外不動産の基本的な情報を紹介します。

①日本とアメリカの違い

日本とアメリカでは課税の流れは全然違います。

日本では相続が発生したときに相続人が受け継いだ財産額に基づいて相続税を納めます。

しかし、アメリカでは亡くなった被相続人に遺産税が課税されます。そして、税を納めた後に分割されます。

②アメリカで相続が発生したときの注意点

アメリカでは相続が開始された時点で遺産財団が結成され、まずは遺産財団に財産が移転されます。

また、遺言が見つからない場合は相続人のものではなく公的機関のものになるので注意してください。

もしもアメリカに不動産を所有している場合は専門家に相談しましょう。

海外不動産情報サイトforeland-realty.com

Leave a Reply