Category: 土地・建物

1月 16 2020

リフォームの減税制度について

省エネのための耐熱工事、バリアフリー化工事など、最近はさまざまな目的でリフォームをする方が増えています。ではこのようなリフォームを行った場合、税制面での優遇措置は無いのでしょうか?リフォームをした場合の減税制度について考えてみましょう。

住宅をリフォームした場合、一定の要件を満たせば3種類ある税制の優遇が受けられます。

ローン型減税は返済期間が5年以上のリフォームローンを利用して、バリアフリー、省エネ、同居対応、長期優良住宅化のリフォームをした場合に適用が可能です。控除額は工事費用の2%と対象リフォーム以外の工事費用の1%の合計額で、年間控除額の上限は125,000円で5年間受けられます。

投資型減税は耐震、バリアフリー、省エネ、同居対応、長期優良住宅化の工事のうち、一定の要件を満たすリフォームに適用されます。標準的な工事費用相当額の10%または、耐震、省エネ、同居対応、耐久性向上なら25万円、バリアフリーなら20万円、長期優良住宅化なら50万円の、いずれか少ない額が1年だけ控除されます。

住宅ローン減税では、返済期間10年以上のリフォームローン等を借りて行う一定要件を満たすリフォームが対象になります。毎年の住宅ローンの年末残高の1%(上限4,000万円)が10年間、年間限度額40万円の範囲内で控除されます。

他にも固定資産税の減額措置などの優遇儲けられます。

東京都八王子市の工務店、アビリティーホーム

12月 11 2019

海外不動産の相続について

日本とアメリカで課税の流れが全然違うのを知っていますか?

日本では相続が発生したときに相続人が受け継いだ財産額に基づいて相続税を納めます。

しかし、アメリカでは亡くなった被相続人に遺産税が課税されます。そして、税を納めた後に分割されます。

ここ最近経済のグローバル化などにより、海外の銀行口座を持っていたり、海外不動産を持っている日本人が増えてきています。

増えてくると問題になるのは相続が発生したときの対応です。

相続税が発生したときの計算などもかなり大変です。

そんなときに役に立つ海外不動産の基本的な情報を紹介します。

①日本とアメリカの違い

日本とアメリカでは課税の流れは全然違います。

日本では相続が発生したときに相続人が受け継いだ財産額に基づいて相続税を納めます。

しかし、アメリカでは亡くなった被相続人に遺産税が課税されます。そして、税を納めた後に分割されます。

②アメリカで相続が発生したときの注意点

アメリカでは相続が開始された時点で遺産財団が結成され、まずは遺産財団に財産が移転されます。

また、遺言が見つからない場合は相続人のものではなく公的機関のものになるので注意してください。

もしもアメリカに不動産を所有している場合は専門家に相談しましょう。

海外不動産情報サイトforeland-realty.com

12月 01 2019

家賃保証の保証内容や範囲について

家賃保証の保証内容や範囲をご存知でしょうか?家賃保証を取り扱う会社によって、保証の規模は異なるのですが、一般的には入居者の入居日から退去日までの間の総賃料を保証してくれるものです。会社によっては、光熱費や入居者との訴訟の費用を保証してくれるところもあります。

家賃保証の保証内容は範囲については、家賃保証を行う会社によって異なります。どの会社も共通して保証してくれるのは家賃や共益費といった賃料です。会社によっては、光熱費であったり、修繕費も保証してくれます。期間は入居日から退去日までの保証を行う会社がほとんどです。保証してくれる限度額は、月額総賃料の24ヵ月分まで負担してくれる家賃保証会社がほとんどです。また、万一入居者がスムーズに家賃を払ってくれない場合の、訴訟などを管理会社やオーナーの代わりに行ってくれる会社もあります。家賃保証をしてもらう場合は、会社の特色をきちんと調べた上で、起こりうる入居者とのトラブルを想定することが大切です。家賃保証にかかる金額や、会社の規模などによってサービス内容も大きく異なってくるので、事前に調査を行う必要があります。

家賃保証のフォーシーズ